スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7の起動時間が遅い!!!

「Windows7の起動時間が遅い!!!」

これが今非常に大きな問題になっています。

具体的に何と比較して遅いのかという情報もないまま調査するはめに。。。

ところで、Windows7って速いと思います?個人的にSSD等でかなりカスタマイズする前は、Vistaより遅かったような気がするんですけど。。。
まぁメモリの消費量は少しばかり減りましたが、、、

ちなみにこんな記事もあります。
 ↓
Windows 7の起動、Vista比で42%遅い――PCチューンアップ・ベンダーが報告
標準的なアプリ構成でOS起動時間「2分34秒」とあります。

今回の状況を簡単に説明すると以下になります。
[ハード]
 メーカー:NEC
 CPU:Core2DuoE8400
 メモリ:4GB
 HDD:SATA
[ソフト]
 OS:Windows7 Eneterprise Edition x86
 ウイルス対策ソフト使用(sepのウイルス対策のみ適用)
 別セグメントからのDNS参照によるAD参加
 →複数OUで同一OU内の複数GPOをセキュリティ・フィルタで使用
 ローカルプロファイル
 インストールアプリ多数
 別セグメントファイルサーバへのフォルダ・AppData(容量:約700MB)のリダイレクト
[OS起動時間]
 約4分30秒(※AD参加やリダイレクトなしでは約2分)
  ↑
確かにOS起動時間が倍になれば遅いと思うでしょうね。

新規ユーザーがその都度ローカルプロファイルを作成しているので、仕方ないと思いますが。。。

こんなサイトも参考にしてみました。
 ↓
ドメイン参加時にクライアントPC・サーバー設定で気をつけること

とりあえずNetLogonのデバッグログ(DBFlag)を調査しましたが、特に問題はありませんでした。
 ↓
文書番号: 109626「Net Logon サービスのデバッグ ログを有効化」

その後・・・色々ありまして、起動時間短縮に繋がった主なオペレーションは以下になります。

①「C:\Users\Default」の共通プロファイルの縮小 → 約30秒短縮

②OS起動時の不要サービスの無効化&遅延起動化 → 約30秒短縮

■参考情報
Windows7でデフォルトユーザープロファイルを編集する方法。
スポンサーサイト
プロフィール

kitabomb

Author:kitabomb
田舎のしがないSI屋です。

日記

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。