スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsServe2008のコンソール・セッションの変更点

先日同僚にWindowsServer2008のRDPでのリモート接続の際に、コンソール・セッションに勝手にスイッチできないようにする方法はないかと聞かれました。
WindowsServer2003では勝手にそんな事にはならないので、???と思っていつものようにGoogle先生に尋ねてみました。
すると・・・以下サイトに詳細が書かれてありました。
 ↓
Windows Server 2008 のターミナルサービス:セッションの取り扱いの変更点
要約すると、GPOで1ユーザー1セッションに制限されているとき(既定値)は、WindowsServer2008の場合は勝手にコンソール・セッションを奪ってしまうというもの。しかも従来コンソール・セッション接続に利用していた/console スイッチは無効になるとの事。
という事は、GPOで1ユーザー複数セッションに変更すれば、従来通りの扱いになるものと思われます。

変更手順の詳細は以下サイトにありました。
 ↓
@IT:リモート・デスクトップでコンソール・セッションに接続する

<変更手順>
•グループ・ポリシーの[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windows コンポーネント]-[ターミナル サービス]-[ターミナル サーバー]-[接続]にある[ターミナル サービス ユーザーに対してリモート セッションを 1 つに制限する]というポリシーを「無効」に設定。

•上記ポリシーが「未構成」に設定されていて、かつ[管理ツール]にある「ターミナル サービス構成」の[1 ユーザーにつき 1 セッションに制限する]が「いいえ」に設定されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitabomb

Author:kitabomb
田舎のしがないSI屋です。

日記

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。