スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VineLinux2.6のP2V

物理マシンで稼働中のVine Linux 2.6Converter Enterprise Boot CD 4.0.1を利用してP2Vに成功しました。

※VMware vCenter Converter Standalone ではこのバージョンをサポートしていないと警告が出てホットクローニングができなかったため、今回はBoot CDを利用してコールドクローニングしました。
コールドクローニング自体は前回と違いCompletedになりましたが、ゲストOSを起動すると以下のようなKarnel panicになりました。
VineP2V-Error

以下技術情報として私が行った手順を紹介します。
(※環境により上手くいかない事も想定されますので、あくまで自己責任で参考にして下さい。)

【P2V手順】

①まず上記紹介した「Converter Enterprise Boot CD 4.0.1」をCDドライブより起動してP2V(コールドクローニング)を行います。

②P2V化したゲストOS上で「Vine Linux 2.6」のインストールメディアで起動し、レスキューモードで以下コマンド操作を行います。

 boot:と表示されている画面でF5キーを押して、画面遷移後、boot:にlinux rescueと入力します。

 LanguageにUS、Keyboard Typeにjp106を選択します。

 最後にシステムをマウントするか聞かれるのでContinueを選択し、先ほど復元した環境をマウントさせます。

<復元した環境をマウント>
  # chroot /mnt/sysimage

<モジュールの読み込み設定>
  # vi /etc/modules.conf
   ↓
 viでマウント先の仮想SCSIデバイス(※VMゲストOSの設定による)を以下のように変更します。

 ■SCSIコントローラー が"Bus Logic"の場合
 (※LSI Logicにするとレスキューモードでマウントできないので、そのままBusLogicを選択します。)
  alias scsi_hostadapter BusLogic

<初期RAMイメージの再作成>

 ■現在のイメージを退避

 ※OS環境により記述が変わりますが、initrdから始まるものを退避して下さい。
  ここで設定する項目はLILOメニューに表示されます。

  # mv /boot/initrd-2.2.25-0vl3.img /boot/initrd-2.2.25-0vl3.img.org
  # mv /boot/initrd-2.4.22-0vl2.8.img /boot/initrd-2.4.22-0vl2.8.img.org

 ■初期RAMイメージの作成

  # mkinitrd -f -v initrd-2.2.25-0vl3.img 2.2.25-0vl3
  # mkinitrd -f -v initrd-2.4.22-0vl2.8.img 2.4.22-0vl2.8

<ブートローダー(LILO)の再インストール>

※現在はGRUBが主流なのでLILOについてはあまり知らない方が多いと思います。以下サイトを見ておくと助かります。→LILOの導入と基礎

 ■ブートローダー(LILO)の変更

 ※Vineの場合は既定がLILOでした。物理サーバがSCSI以外のハードディスクを使用していた場合は、SCSIにマウントするようにviで編集します。

  # vi /etc/lilo.conf
    ↓
  boot=/dev/sda

 ■ブートローダー(LILO)の再インストール

  # /sbin/lilo
    ↓
  Added Linux *
  Added Linux 2.2 up

上記手順が完了したら、rebootでリブートします。

③リブート後にエラーが出ますが、今回は無視してkudzu(※RedHat系のハード認識プログラム)が起動するのを待ちます。kudzuが起動したら基本的にデバイスを破棄します。

 ※kudzuがOFFになっている場合は以下コマンドでONにします。
 (setupコマンドでSystem serviceskudzuにチェックをつけても可。)

  # /sbin/chkconfig kudzu on

④VMwareToolsのインストールをします。

 まずvSphereClient上でVMwareToolsのインストールを実行してから、以下コマンド操作をします。

  # mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
  # cd /mnt/cdrom
  # cp VMwareTools-4.0.0-193498.tar.gz /tmp
  # cd /tmp
  # tar zxf VMwareTools-4.0.0-193498.tar.gz
  # cd ./vmware-tools-distrib
  # ./vmware-install.pl

 インストール途中で色々メッセージが出ますが、Enteryesで進みます。

⑤VMwareToolsのインストールが完了したら、一度リブートして固定IPの設定やエラーになっているUSBデバイスの整理等を行います。

以上で完了です。

以下、今回参考にしたサイトをご紹介します。

VMWare/Vine Linux 3.0/Kernelのアップデート
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitabomb

Author:kitabomb
田舎のしがないSI屋です。

日記

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。