スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubuntu8.04のP2V


VMwareESXiという無償版のhypervisorがVMwareから提供されているので、簡単に仮想化環境を構築できるようになっています。

少し前にVMwareESXi3.5を構築したり、WindowsNTのP2VなどをVMwareConverterでやってみた事もあるので、既存環境のVM統合化であればぜひLinuxのP2Vもやりたいと思って色々調べていました。

VMware Infrastructure 3の頃にもLinuxをコールドクローニングできるP2Vソリューションはあったのですが、VM化できてもOSがカーネルパニックになって正常起動できない事もあり、カーネル再構築からやり直さないと普通にOS起動もできない状態でした。

最近VMware製品も大幅にアップグレードして、VMware vSphere 4という新製品が発売されました。ひょっとしてLinuxのP2Vも進化したのではないかという期待感を持ちながら、早速無償版のVMware vCenter Converter Standalone 4.0.1をダウンロードしました。リリースノートによればESXi3.x対応でWindowsXPにもインストールできるとの事で早速インストールしてみました。

インストールして早速P2Vをやってみたのですが、リリースノートにサポートされているLinuxだったのでWindowsと同じ様な感じでホットクローニングできました。
しかしP2Vの手順は今までとは違い、ESXサーバ+VMware vCenter Converter Standalone用PCでのネットワークP2Vとなります。
vCenter ConverterでのP2Vについては以下サイトを参考にしてみて下さい。
100年企業へ!アイシーズ NS部のR&Dブログ
注意点としては、SSHでリモート接続してVM化しますので、ソースOS側のLinuxでSSH接続を許可しないとエラーになってしまうので以下サイトを参考に変更してみて下さい。
@IT:ssh接続でrootによるログインを許可するには

そうしてP2Vが成功して、OS起動時のサービスも全くエラーが出ないので完璧と思っていましたが、やはりVGAの仮想ドライバが当たらず解像度がデフォルトになってしまうので、VMwarToolsを追加インストールしてみました。
VMware:ホスト Win、ゲスト UbuntuでVMware Toolsをインストール
ところが、今まで起動時のサービス読み込みでエラーが出なかったのに一か所エラーが出るようになり、さらにはX Window Systemにログインするとマウスが全く動かないという状況に陥ってしまいました。ここまでできたのに・・・でもやはり悔しいので今回もGoogle先生に色々教えて頂きました。

【サービスエラー】
Mounting local filesystems: Error: cannot mount filesystem: Protocol error
<原因>
起動時のサービスの上記エラーはESX互換モードの仮想マシンで使えない機能の問題
<対処>
/etc/fstabをvimで開いて以下記述をコメントアウトしました。
#.host:/ /mnt/hgfs vmhgfs defaults,ttl=5 0 0

【マウスポインタが動かない】
<原因>
/etc/X11/xorg.confの設定が変更された。
<対処>
端末を開き、
gksu /etc/X11/xorg.conf
を実行して、xorg.confの以下"InputDevice"の赤字部分を追加する。

Section "InputDevice"
Identifier "Configured Mouse"
Driver "vmmouse"
Option "CorePointer"
Option "Device" "/dev/input/mice"
Option "Protocol" "ImPS/2"
Option "ZAxisMapping" "4 5"

EndSection

これで完全解決しました。
しかしLinuxのP2Vはまだまだ敷居が高いですね。
同時検証しているVineLinux4.2についてはP2V化はできたのですが、リリースノートの要件OSではないのでX Window Systemが起動しなかったり、起動時に大量にサービスエラーが出てfsckが走るような状況なので今後の課題です。
でも今までの苦労を考えると報われた感じがします。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitabomb

Author:kitabomb
田舎のしがないSI屋です。

日記

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。