スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリントサーバ(Mini-102M)のトラブル

久しぶりに客先でプリントサーバ(Mini-102M)にハマりました。
いつものように数年前に営業が導入した物の後始末ですが。。。

お値段は安いですが、、、kakaku.comのレビューを見る限り、安かろう悪かろうの代表例です。
Mini-102M 価格比較
最安価格(税込):\3,658
定価:\7,800(税込)
満足度1.84って。。。

意味不明な状況なので何回も電話対応できないと判断し、2回目で現地障害対応をしてきました。

4台のPCからすべて印字がエラーになるとの事だったので、真っ先にHUBの電源の入れ直しをした所、1回目の印字は遅いながらも成功しましたが、、、2回目以降はプリンタドライバーを入れ直ししても印刷できず。。。

利用環境はこんな感じです。(※PCはWindowsXPが4台)
プリンタ      プリントサーバ
[PX-101]--USB--[Mini-102M]==LAN==[HUB]==LAN==[PC]

そもそも普通にWindowsの標準TCP/IPポート設定で印刷すれば使えると思い込んでいたのがハマリの原因でした。

・Windowsの標準TCP/IPポートの再作成でもダメ!
・PX-101のドライバを入れ直してもダメ!
・Windowsファイアウォールを無効にしてもダメ!
・新規購入して持参した同製品と交換してもダメ!
・Mini-102MとPCを直結してもダメ!

ここでようやくMini-102Mのオンラインマニュアルを見ました。

まずは以下のツール設定をやってみました。
5.ドライバ&ユーティリティのインストール
ところが、、、このツールで設定してプリントサーバの設定をするとLAN経由なのにポートが[USB virtual printer port]として認識されました???
色々いじっていくうちに何となく仕組みが分かりましたが、非常にクセのあるツールです。
どうもこのツールで接続した場合、利用できるのは1対1のみですが双方向通信できて印刷開始まで数秒程度というメリットがあります。しかも接続終了後にプリンタをオフラインにするような設定もありました。
しかし、複数台のPCからこの運用をしようとすると、他のPCが接続していると必ず印刷が失敗します

これをお客様に説明するのはあまりに無理があるので、他の方法がないかさらに探してみました。

すると・・・以下情報がありました。
■トラブルシューティング>パソコンから印刷できない
 ↓
本製品は、Windows Vista/XP/2003/2000で4.ドライバ&ユーティリティのインストールの手順で設定したとき以外は、双方向通信に対応していません。

■印刷方法>Windows Vista/XP/2003/2000の単方向通信設定>Windows XP/2003/2000編
 ↑
結局・・・この方法で設定すれば複数台接続がエラーなく完了しましたが、印刷開始まで約15~20秒程度かかってしまいます。
何とか解決しましたが、この製品・・・何かきつねに騙されたような気分です。

以下製品仕様の注意事項を見て、騙されたと我に返りました。。。

Mini-102M>製品仕様
 ▲プリンタとの双方向通信は付属ユーティリティをインストールしたWindows Vista/XP/2000/Sever 2003 並びに、Mac用付属ユーティリティをインストールした Mac OS X 10.4/10.5のみサポートします。
 ▲双方向通信利用時は同時に1台のコンピュータだけがプリンタを使用できます。

Windows7の起動時間が遅い!!!

「Windows7の起動時間が遅い!!!」

これが今非常に大きな問題になっています。

具体的に何と比較して遅いのかという情報もないまま調査するはめに。。。

ところで、Windows7って速いと思います?個人的にSSD等でかなりカスタマイズする前は、Vistaより遅かったような気がするんですけど。。。
まぁメモリの消費量は少しばかり減りましたが、、、

ちなみにこんな記事もあります。
 ↓
Windows 7の起動、Vista比で42%遅い――PCチューンアップ・ベンダーが報告
標準的なアプリ構成でOS起動時間「2分34秒」とあります。

今回の状況を簡単に説明すると以下になります。
[ハード]
 メーカー:NEC
 CPU:Core2DuoE8400
 メモリ:4GB
 HDD:SATA
[ソフト]
 OS:Windows7 Eneterprise Edition x86
 ウイルス対策ソフト使用(sepのウイルス対策のみ適用)
 別セグメントからのDNS参照によるAD参加
 →複数OUで同一OU内の複数GPOをセキュリティ・フィルタで使用
 ローカルプロファイル
 インストールアプリ多数
 別セグメントファイルサーバへのフォルダ・AppData(容量:約700MB)のリダイレクト
[OS起動時間]
 約4分30秒(※AD参加やリダイレクトなしでは約2分)
  ↑
確かにOS起動時間が倍になれば遅いと思うでしょうね。

新規ユーザーがその都度ローカルプロファイルを作成しているので、仕方ないと思いますが。。。

こんなサイトも参考にしてみました。
 ↓
ドメイン参加時にクライアントPC・サーバー設定で気をつけること

とりあえずNetLogonのデバッグログ(DBFlag)を調査しましたが、特に問題はありませんでした。
 ↓
文書番号: 109626「Net Logon サービスのデバッグ ログを有効化」

その後・・・色々ありまして、起動時間短縮に繋がった主なオペレーションは以下になります。

①「C:\Users\Default」の共通プロファイルの縮小 → 約30秒短縮

②OS起動時の不要サービスの無効化&遅延起動化 → 約30秒短縮

■参考情報
Windows7でデフォルトユーザープロファイルを編集する方法。

1級小型船舶操縦士試験

個人的な趣味から10年程前に4級小型船舶操縦士免許を取得しており、今回2回目の更新期限が迫ってきました。

途中、免許改訂があって2級から1級へのステップアップが学科試験のみでできるようになっているので、今回の更新期限に合わせて1級昇格を目指して受験してきました。

1週間程前に海事事務所で半日講習を受けましたが、たった二人の受講生相手にろくな説明もしてもらえず、こんな問題も解けないのか!というバカにされた対応をされたので、意地でも満点で合格してやるぞと一人燃えて受験してきました。

結果は・・・見事満点!!!といっても9割方問題集とほぼ同じ問題だったので楽勝でした。
海事事務所では海図に時間がかかるので時間配分に気をつけろと言っていましたが、真剣に勉強した上での受験だったので70分の試験時間の半分程度で全部解き終わってしまいました。

★海事事務所でもらった教本と問題集と練習用海図は以下です。
1級小型船舶教本1級小型船舶問題集
1級小型船舶練習用海図
※300問近いこの問題集の答えを覚えるぐらいまで勉強した方が良いと思います。
余談ですが、養成コースだったら出る問題を教えてくれると言っていました。

★本日受験してきた試験問題と試験用海図です。
1級小型船舶試験
※試験終了後に5分程度正解をホワイトボードに貼り出してくれるので自分で答え合わせができます。
試験問題は持ち帰る事ができます。練習用海図はW150とW200が2枚ありましたが、試験では表裏の1枚です。
練習用海図と試験用海図は全く同じものでした。

★Web合格発表サイトは以下です。
 小型船舶操縦士 国家試験 Web発表(財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会)

Raw Device Mapping

現在仕事で、vSphere4.0プラットホームの仮想環境を構築中です。

以前自社ゲストOSのファイルサーバ構築時に「Raw Device Mapping」を検討した事もあったので、今回この機能が利用できないものかと色々と調査してみました。

■オフィシャルガイド
 VMware vSphere 4.0 update1 ESX構成ガイド
  >ストレージ>Raw デバイス マッピング(P.121~)

※上記ガイド内の動作イメージ例を以下掲載しておきます。
RDM

>Raw デバイス マッピングのメリット
 RDM には多くのメリットがありますが、すべての状況に該当するわけではありません。
 通常、仮想ディスク ファイルは、管理性の面で RDM よりも優れています。
 ただし、Raw デバイスが必要な場合、RDM を使用する必要があります。

しかし、何とも微妙なメリットですね。。。
個人的に不安だったのは、RDM導入によってスナップショットやVMotion等の仮想機能が利用できなくなるかもしれないという事でした。
ESX構成ガイドには「RDM構築時に『物理互換モード』で構築するとスナップショットが利用できなくなりますが、『仮想互換モード(仮想モードでは、マッピング済みのデバイスが VMFS ボリュームの仮想ディスク ファイルと完全に同様にゲスト OS には見えます。)』で構築するとスナップショットなどのVMFSのメリットが利用できる」と書いてありました。
上記図10-2.にあるように、仮想互換モードでマッピングファイルを仲介してストレージにダイレクトアクセスさせるのであれば、VMotionなども問題なく利用できるという訳です。

■参考情報
Q. SASディスクを仮想マシンに追加するときに、[新規仮想マシン]ウィザードと[ハードウェアの追加]ウィザードの[Raw デバイスのマッピング] オプションが無効になっている。

A. SASディスクをRDMのディスクとして追加するには、次の手順に従います。
 1.ESX Server のサービス コンソールで、次の構文のコマンドを実行します。
  #vmkfstools -r [raw_device_path] -a [bus_type] [RDM_file_name]
 2.[ハードウェアの追加]ウィザードを使用して新規に作成された仮想ディスクを既存のディスクとして仮想マシンに追加します。

70-647合格でMCITP取得!

本日セカンドショットキャンペーンの1回目受験の最終日でした。

70-647エンタプライズアドミニストレーター資格なので、本来ならもう少しじっくり時間をかけて勉強したかったのですが、2回受験できるからという理由だけで試験日3日前ぎりぎりにWeb申し込みました。

しかし、2回目があるというのは1回目が落ちた時に逆に精神的に追い込まれる気がしたので、1回目に本気で受かるべく受験勉強さながらに追い込みをかけて勉強しました。

試験終了後・・・いつものように「試験終了」ボタンをクリックするだけでしたが、今までこの瞬間に緊張を感じた事はなかったけれど、今回はさすがに祈るような気持ちでした。

パソコン画面に「合格」の2文字が出た瞬間・・・飛び上がる程の嬉しさでした!

苦節?1年間のWindowsServer2008との戦いは正直今日で終わりにしたい所ですが、実はこれからが現場での戦いの始まりだと予感しています。

IT資格はただ持っているだけではほとんど意味が無いものなので、それに裏打ちされた技術力をこれから身につけていきたいと思います。

プロフィール

kitabomb

Author:kitabomb
田舎のしがないSI屋です。

日記

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。